windows10の無償アップデートに成功!修復エラー勃発のAdobeCCが復活!

Windows10無償ダウンロード

Windows10を無料でダウンロード、インストール後はAdobeCCがサクッと動いた!

無料だろうが条件付きだろうが、Windows10にアップデートしてしまえばこっちのもの

問題なくログインできて、Wi-Fiも一発で正常接続、初回のセキュリティ更新を完了。

そして念願のAdode Creative Cloudを立ち上げると・・・、

サクっとあっけなく起動!

今まで何だったんだというくらい。

おそらく、Windows10のインストールにより、OSの不具合が解消されたのではないかと思われます(真偽の程はわかりませんが)。

このページでは、今年2017年12月末で完全終了する(のか?)Windows10の無償アップデートを実際にやって、困ったことが解決した内容をレポートします。

あなたのお役に立てますように!

後記で、本文中で引用した参考サイトの一覧を載せておきました

Windows7では、Adobe Creative Cloudが修復インストールを繰り返す問題に悩まされてた!

快適だったWindows7 PCにガタが来た。

2012年にを購入した最新PC、第三世代Core i7-3770 CPUに32GBメモリ、2TBのSSD/HDDハイブリッドを搭載した快速デスクトップPC。

しかし5年も酷使すると、度重なるWindowsアップデートのせいなのか、SSDの劣化なのか、

見る影もなく遅い

しかも最近は、Adobe Creative Cloud(AdoceCC)がまことに調子悪く、Adobe公式サイトで教えられたとおり、クリーンインストールし直し(参考サイト1)しても再起不能。Windows7を再起動するたびに、毎回「修復インストール」が始まる始末

そしてとうとう、AdobeCCを起動することさえできなくなった

もうダメだ、その時見つけたWindows10無料アップデートのラストチャンス!

もうダメか、ディスクを交換してOSを入れ替えるか、いっそのことMacBook Air(Core i7ではある)のディスクを換装して、BootCampでWin/Macの両刀使いにするか(参考サイト2)と、思い悩んでいた矢先・・・。

Windows10無料アップデートが、条件付きながら2017年の年末まで利用できる(参考サイト3)ことを知った。

Windows10無償ダウンロード

ご覧の通り、英語ページですが、英語の操作は UPGRADE NOW > のボタンを押すだけなので、問題ないです。

UPGRADE NOW ボタン

英語サイトですが、ちゃんと日本語版のWindows10がインストールされるので、もちろん安心。

かつては、クソほど嫌っていたWindows10アップデートだったが、その理由は以下の3つだった。

1つめは、現在使用中のソフトの互換性がわからず、人柱になるだけ

2つめは、ガラッと変わったユーザインタフェースはいきなり受け入れられない

3つめは、ユーザーの許可も取らず、更新を押し付けるマイクロソフト社の誠意を疑ったこと

月日がすぎれば考えも改まるというもので・・・。

1つめは、自分の勤務している会社を始め、多くの企業にWindows10が導入されてきたこと。Windows10自体、メジャーアップデートを1回やったこと

Adobe Creative Cloud にいたっては、Windows10でしか動作しないラインナップも出てきている

2つめは、Windows7から愛用していた、ユーザインタフェースの改善ソフト Classic ShellがWindows10に完全対応していたこと。このおかげでWindows7と使い勝手はさほど変わらない

3つめは、今となっては時代の流れに乗っかるしかないし、もはやこれしか選択肢がない
別にマイクロソフトは、朝日新聞やNHKのような変な団体ではないので、無下に嫌うものでもない。

要するに僕は日和ったのだ

 24時間以上かかったWindows10アップデート!人柱覚悟で待ち続けたよ

こっちは崖っぷち、やると決めたらあとはやるだけ!

読めば読むほど寛大すぎる(下記に列挙しておいたよ)、Windows10の無償アップデートの条件を確認した上で、実行ボタンを押しました。

UPGRADE NOW ボタン

「意訳:はい、私は支援技術を使用しており、Windows 10へのアップグレードの準備が整いました。【今すぐアップグレード >】

この後、いくつかの選択操作のあと、インストーラーが動き始めました

しかし、途中から数時間、まったく画面が動かなくなりました

ディスクのアクセスランプは点灯しているので、Windows10のインストールは続いていると信じて、このまま放置することにしました。

万一失敗しても人柱にはなれるだろう。

Windows10のインストーラーが開始したのが夜の20時

その後、深夜2時になっても終わらず

朝起きても同じ画面のまま

会社へ行って帰ってきてもまだ終わらず

半分諦めてそのままふて寝

しかしとうとう翌朝、

インストールが完了していました。

実に30時間以上。よくぞ諦めず、中断せずに待ったものだ。

おせっかいな日本語とブラウザを元に戻す、ESETは最新版を入れ直して完了

日本語が変!

今まで使用していたGoogle日本語入力が無効化されている。
言語コントロールパネルで修正完了。

Chromeはどこへ行った?

エッジという変なブラウザが勝手に起動するようになる

今まで使用していたChromeをよく使うブラウザにして使いやすさが蘇った。

ESETウイルスソフトのアイコンがないぞ?

ESETのサイトを見ると、Windows10にしたら、一度アンインストールして、インストールし直す必要があるとのこと(参考サイト4)
指示通りやって問題解決。

変わってしまった使いにくさはClassicShellで問題なし、これはスグレモノ!

Windows7だったユーザは、Classic Shell(参考サイト5)がオススメだ。

Windows10のクソなストア画面が出なくなって、操作性がいい感じ、今までのWindows7みたいなる。

ところで assistive technologies(支援技術)って一体何なの?

Windows Accessibility

Windows10無償アップグレードの条件、

assistive technologies(支援技術)とは一体何なのだろう?

Windows10無償アップデートのダウンロードページからちょっとわかりにくいリンクを辿ると、

Windows accessibilityのページ(参考サイト6)に具体的な支援技術内容が書いてある

これらの技術のうち、どれかを使っていることが、今回の無償アップデートの条件である。

今回、Windows10の前に使っていたOSはWindows7。

その支援機能を以下にリストアップする。
アンダーラインの項目はふだんから使用しているのではないだろうか?

  1. コントロールパネルで集中管理
  2. 画面や画面の一部を拡大
  3. オンスクリーンキーボード
  4. 画面上のテキスト読み上げ
  5. 音声認識
  6. フォントサイズ拡大
  7. パーソナライゼーション
  8. キーボードショートカット
  9. スティッキーキー
  10. マウスキー
  11. フィルタキー
  12. システムサウンドを視覚的に置き換え
  13. アニメーションやビデオ情報を入手

実に敷居が低くゆるい条件なのであった。

本文中で引用した参考サイト一覧

参考サイト1:Adobe Creative Cloud を完全に削除する方法(Adobe公式ページ)
Creative Cloud デスクトップアプリケーションのアンインストール

参考サイト2:OS標準のBoot CampでWindowsとMacをデュアルブートする方法(Apple公式ページ)
Boot Camp を使って Mac で Windows 10 を使う

参考サイト3:Windows10を無償アップデートサイト(MICROSOFT公式ページ・英語)
Customers who use assistive technologies can upgrade to Windows 10 at no cost

参考サイト4:ESET日本語版サポート:Fall Creators Update後の対応方法(キヤノンIT公式ページ)
【ESET】Microsoft Windows 10 への対応状況について

参考サイト5:最高にイケてるWindowsの使い勝手を改善してくれるサイト(公式英語ページ)
Classic Shell公式サイト

参考サイト6:Windows無償アップデートの条件となる支援技術の説明(MICROSOFT公式ページ・英語)
Windows accessibility

↑説明に戻る

フリーエンジニア高額案件多数【ギークスジョブ】




スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする