北朝鮮の朝鮮中央放送は日本時間12時30分に「重要な報道」を行うと予告。

atomicbomber

北朝鮮の朝鮮中央放送は日本時間12時30分に「重要な報道」を行うと予告。韓国メディア報道。

韓国メディア報道。

これまでの流れでは、

成功した!

米本土到達も可能だ!

と、マンセー賛否報告が重大報道として世界を駆け巡ったが、今回はどうだろう。

スポンサーリンク


もはやオオカミ少年化しているが、本日11月29日午前3時には、ぶっ放した。

菅官房長官によると29日午前3時18分頃、北朝鮮の西岸より弾道ミサイルが発射された。
外務省関係者によると、ミサイルは1発で3つに分離し、午前4時11分頃、青森の西およそ210キロの日本の排他的経済水域に着水した可能性があるという。
日本の安全保障には影響がないという。
Jアラートをセットしておいたほうがいいだろう。
ちなみに、本日未明のミサイル発射について、日本のNNNが、米駐在北朝鮮報道官に以下のインタビューをしている。
アメリカ・ニューヨークでは北朝鮮国連代表部の関係者がNNNの取材に応じ、「ミサイルは日本でなくアメリカに向け発射したものだ」と話した。
北朝鮮は国連本部のすぐそばに代表部とよばれるオフィスを構えて外交官が常駐しているが、取材に応じるのは異例のこと。代表部から出てくる外交官はカメラ取材にはコメントを避けたが、ある外交官がカメラなしの我々の取材に応じ「日本でなくアメリカを狙ったものだ」 
「アメリカが挑発をやめない限り北朝鮮はミサイル開発を続ける」と語った。発射直後にここまで意図を明確に話したのは初めて。

そうであれば、青森の西210キロという、人んちの庭先に放り込んでおいて、この言い草はないだろう。
「日本もアメリカの手先ニダ」と言いたいのだろうか。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする